進行中のモノレール建設計画を振り返る〜タイ,イエローラインの場合〜

バンコク、イエローライン

進行中のモノレール建設計画を振り返る。今回はタイ王国、バンコクで建設が進むMRTAイエローラインについて。

イエローラインは、タイ、バンコクにおいて建設が進められているモノレール路線計画のうちの一路線。路線長は30.4キロメートル(18.9マイル)におよび、全23駅が設けられる予定です。また、現在政府の承認待ち段階ながら、さらに2つの駅について新設が提案されています。プロジェクトの概算費用はおよそ550億バーツ。

イエローラインはBombardier社の INNOVIA 300モノレールシステムを採用する事が決定していて、開業時には4両編成28両のモノレールカーが導入されます。2017年後半から開始されたモノレール建設、順調に進めば2022年に営業運行か開始される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です