2018年11月3日(土曜日)・北九州モノレール「モノレールまつり」開催

2018年11月3日(土曜日)、今年も北九州モノレール企救丘総合基地内において「モノレールまつり」が開催されます。開場時間等は別途確定情報が出次第追記予定。

北九州モノレールまつり(画像は2017年度時の様子)

「モノレールまつり」は、北九州モノレール主催の鉄道関連イベントとして同社では恒例となっている主要行事。例年、ステージイベント、工作車試乗会、車両基地内の見学、各種のアトラクション、フリーマーケット等休日のお出かけにはもってこいのイベントとなっています。家族での参加は勿論のこと、鉄道ファン、モノレールファン、カップルでの参加等など、どの来場層にも楽しめる構成となっています。

・ステージイベント
ステージイベントでは、来場者全員に配布される抽選券による参加企画「お楽しみ抽選会」が開催され各種の商品をゲットできるチャンスも。

・工作車試乗会
工作車試乗会の工作車とは、モノレールが営業運行を終えた深夜にレールの点検を行っている作業車両の事。モノレールまつりでは、このレア車両である黄色い「工作車」に試乗する事ができます。営業車両とは違い、工作車の車内は無機質な造りになっている他、乗り心地も営業車両に比べると随分ごつごつとした乗り心地になっています。試乗会にて営業車両との違いを見てみるのは如何でしょうか。なお、工作車試乗会には「乗車券(整理券)」が必要です。モノレールまつり開場および午後の部は指定時間に、入場口正面に配置されたテントで整理券を配布。数に限りがあるため、例年試乗会に参加される方は入場時間より早めにモノレールまつり入場口に並んでいます。

今年は新型工作車601が試乗会に登場?
工作車の車内の様子

・車両基地見学
車両基地内の見学では、普段見ることの出来ない北九州モノレールの工場内を見学する事ができます。
また、車両付近には北九州モノレール車両課の担当者の方が常駐していて、普段聞けないモノレールの疑問や秘密についても丁寧に教えてくれます。折角の機会ですので根掘り葉掘り聞いちゃいましょう。

車両基地見学(2017年度の様子)

・各種アトラクション
モノレールまつり会場は大きく分けてステージゾーン、フリーマーケットゾーン、工作車試乗会ゾーン、飲食ゾーン、車両基地見学ゾーンに大別されますが、
ステージゾーンが配置される会場中心部には各種のアトラクションテントが並びます。

今年の出店企業様については、北九州モノレール公式ホームページでご確認下さい(公式での案内は例年10月頃となっています。)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です