上野懸垂線 11月1日より運休。

東京都は23日、交通局が運営する上野懸垂線について2019年11月1日より運休すると発表した。

2001年より運行を続ける40型車両の老朽化に伴うもの。

上野懸垂線(上野動物園モノレール)は国内最古のモノレールとして知られ、開業は1957年。これまで3度の車両更新によって現在まで運行を続けてきたが、現行車両についても既に運用から18年近くが経過していた。

東京都は今後車両更新を実施するか、別の交通手段へ変更するか検討していく。

休止中処置として、園内に電気自動車などを走らせる。

上野懸垂線 40形車両
上野懸垂線 40形車両

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です